ハンドペイントで描かれた立ち雛が1月26日(金)発売

2018.1.26 | 特集

ハンドペイントで描かれた立ち雛が1月26日(金)発売!

桃の節句にちなみ、お雛様が“あーん”している仲睦まじい姿が描かれた盃と15cmプレートが登場。いつもおすましなお雛様の見た事のないラブラブな瞬間。ふと、どこかのカップルに見えてきそうではありませんか…。

自然の中で感じられる「幸福感」と「空気感」を表現することをテーマに、透き通るような繊細なグラデーションを日本の色で表現した、NIKKOハンドペイントの器です。ペインターが一筆一筆 心をこめて描いています。
各10個の数量限定アイテムです。

ひな祭りの歴史
平安時代中期に、3月の初めの巳の日に「人形(ひとがた)」あるいは「形代(かたしろ)」に身の穢れを託して川に流す「流し雛(ながしびな)」の行事と貴族の子供たちの間で行われていた「ひいな遊び(人形遊び)」とが、長い間に結びつき「ひな祭り」となりました。
現在のように上巳(じょうし)の節句(桃の節句)が3月3日とされたのは室町時代になってからです。

参考・参照サイト:桃の節句とひな人形(日本人形協会)

「立ち雛(たちびな)」とは?
立っている夫婦雛の総称。
ひな祭りの歴史にあるように、最初に生まれた雛人形は、立った姿勢での人形でした。

金沢のひな祭り

金沢では、桃の節句にひな人形と一緒に「金花糖(きんかとう)」を飾ります。「金花糖」は、鯛や果物、野菜など山海の幸を形どった江戸時代から続く伝統の祝菓子です。
ひな人形は一般的に3月3日まで飾るものとされていますが、金沢では旧暦に合わせて4月3日まで飾る家も少なくありません。

参考・参照サイト:金沢に春の訪れを告げる「金花糖」(金沢市観光協会)

森八の金花糖
老舗和菓子店・森八の金花糖

立ち雛のアイテムは盃と15cmプレート、
絵柄は2種類

右)小さな盃は高台とフチに、15cmプレートはフチに金彩が施されています。

15cmプレート(立ち雛)あーん雛 ¥ 12,960(税込)【数量限定10個】
盃(立ち雛)あーん雛 ¥ 12,960(税込)【完売御礼】
15cmプレート(立ち雛)つんでれ雛 ¥ 12,960(税込)【数量限定10個】
盃(立ち雛)つんでれ雛 ¥ 12,960(税込)【数量限定10個】

横

左)【あーん雛】おちょぼ口に、お箸で「あーん」。お雛様のアツアツな瞬間。
右)【つんでれ雛】「あーん」やっぱり「あーげない」っとフェイントする姫君。微笑ましいスイートな瞬間。

ギフトBOXに入れてお届けいたします

・テーブルコーディネート好きな方
ひな祭りのテーブルコーディネートのワンポイントとして。
・ご友人や親戚の娘さまへ
初節句の贈りものに…。

ギフトイメージ

NIKKOハンドペイントとは?

北陸の豊かな自然環境のもとで、その空気感や幸福感を『人の手の技』を通してひとつひとつ丁寧に仕上げます。手仕事ならではの透き通るような繊細なグラデーションを日本の色あいで描き、唯一無二の器をお届けします。

UMI 海シリーズUMI 海シリーズ

HANA 花シリーズHANA 花シリーズ

MORI 森シリーズMORI 森シリーズ

SHARE

RELATED ITEM

関連商品