2015.10.15

『世界一白い器展 - 日本が生んだ奇跡のボーンチャイナ -』

2015年11月10日(火)から11月23日(月)まで、金沢21世紀美術館市民ギャラリーにて展覧会を開催いたしました。
このたびの展覧会【世界一白い器展 - 日本が生んだ奇跡のボーンチャイナ -】は、純白を追い求める陶磁器の歴史の中で、ニッコーが独自開発した「NIKKO FINE BONE CHINA」*1に焦点を当てた、これまでにない展覧会となりました。

陶磁器の歴史は、白さを追い求めるロマンそのものであることは、あまり知られておりません。東洋と西洋を繋ぐ、セラミックロードの技術革新の過程の中で、陶磁器はより薄く、より白く進化を遂げていきました。ニッコーは、1908年(明治41年)に金沢で創業。以来、様々な素材開発を続けてきました。そして1978年、セラミックロードの終着点ともいえる純白の「NIKKO FINE BONE CHINA」の開発に成功しました。
究極の白さと称されるその輝きは、あらゆるジャンルの料理やデザートを鮮やかに惹き立て、最高の一皿に仕上げます。「NIKKO FINE BONE CHINA」は食のプロフェッショナルの心を掴み、世界中のレストランやホテルで採用され、また、一般のご家庭でも愛用されております。

本展は、国内外で評価されるアーティスト、老舗店とのコラボレーションや、初公開となる「Art Painters Labo」*2のハンドペインティング作品をはじめ、ニッコーブランドの新たな取り組みから、「器」の歴史・可能性について、現代の人々に提示できる、またとない機会になると考えています。
「器」の持つ奥深さ、愉しみ、華やかさを、より多くの方に感じて知って頂くと共に、「食」に対する自由な発想と想像力を刺激する機会となれば幸いです。

展覧会のみどころ

ROOM1.NIKKOの歴史
硬質陶器の製造から始まったニッコーの歴史を実際の商品とともに振り返りながら、製造現場の息遣いを映像でお届けします。

ROOM2. NIKKO FINE BONE CHINAの魅力
純白を追い求めた陶磁器の歴史を分かりやすくご説明し、ニッコーの純白器の秘密や、その製造に使用される特別な道具も展示します。

ROOM3. 日本と伝統とのコラボレーション
今年400周年を迎えた琳派の作家による作品を陶板で再現する転写の技術、大谷家秘宝の展示、金箔の名店「箔座」と共同開発した、
金箔を花器に焼き付ける技術から、伝統とのコラボレーションで生れる新たな価値をお見せします。

ROOM4. 新しい食体験
本展で初お披露目となる「Art Painters Labo」の作品は今までにない手描きの魅力を、お伝えします。
また、「NIKKO GUIDE in KANAZAWA」*3では、ニッコーを愛用するお店と美術館をWEBを通じて繋ぎ、展覧会場を飛び出して
「金沢×食×器」の魅力を体感していただきます。

開催概要

会期     2015年11月10日(火)〜23日(月・祝日)
休館日    月曜日(11月16日)
開館時間   午前10時から午後6時 (最終日は午後4時まで)
会場     金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB1,B3 (地下1階)  〒920-8509石川県金沢市広坂1-2-1
主催     ニッコー株式会社
協力者    大樋年雄
原画出展者  大谷光演(1875-1943 東本願寺23世法主)
       石井竜也(アーティスト)
       片岡鶴太郎(俳優・画家)
       コシノヒロコ(ファッションデザイナー・画家)
       織作峰子(写真家)
協力会社   箔座株式会社
       ナカダ株式会社 (順不同、敬称略)
観覧料    無料


【NIKKOについて】
ニッコー株式会社は1908年(明治41年)石川県金沢市にて創業いたしました。 硬質陶器の製造から始まり、様々な素材開発・製造技術・焼成技術・加工技術などを磨き続け、今日に至っています。

*1「NIKKO FINE BONE CHINA」
ニッコーでは、1978年からボーンチャイナの生産を開始しました。通常は難しいとされておりますが、原料であるボーンアッシュの含有量を50%まで高めることで、
群を抜いた透光性と強度、気品あふれる純白を実現しました。世界の多くのトップシェフに支持頂いています。

*2「Art Painters Labo」
今だからこそ、あえて手で一品一品描く、ハンドペインティングの新しいラボです。
一般的な青白い磁器に描くハンドペインティングではなく、NIKKO FINE BONE CHINAの純白の素地に描くため、透き通るような、これまでにない魅力をもつ器を創っています。既に最高級ホテルラウンジでの採用が決まり、おもてなしの場で使用されております。一般販売は来春を予定しております。

*3「NIKKO GUIDE in KANAZAWA」
ニッコーガイドは、器にこだわりを持ち、ニッコー製品を愛用して頂いているお店をご紹介するWEBコンテンツです。
新しいお店とのめぐり合わせに器がきっかけとなれば、食文化の向上に貢献できると考えております。

SHARE

RELATED ITEM

関連商品