新春のおもてなし

2018.11.30 | 特集

新春のおもてなし

「お正月のおもてなしのテーブルを華やかにしたいけど、テーブルコーディネートは難しいわ…」という方のために、年中使え、1枚足すだけでテーブルをぐっと華やかにしてくれる器をご紹介。
おもてなしの器の選び方や盛り付けの基本、新春のおもてなしにおすすめなおせちワンプレートの盛り付け方も合わせてご紹介いたします。

おもてなしの器の選び方

25cm以上の大皿で盛り映えのする器を選びましょう。印象に残る絵柄の器やおしゃれに見える角皿がおすすめです。

盛り付けの基本は
「色彩・高低差・バランス」

・色彩
彩りの基本は“赤・黄・緑・白・黒”の5色。特に、赤・黄・緑などのカラーが入ることで料理の鮮度がアップして見え、おいしそうに見えますよ。
おせちの場合、緑色のメニューが少ないので緑の葉もの(葉蘭、松、南天、ゆずり葉、菊の葉)を入れて。季節感も出すことができます。
・高低差
高さを出すと盛り付けを立体的に見せることができます。ボリュームも出るため、「なんだかペタッとしてさみしい盛り付け」「美味しそうに見えない」を回避できます。
高さを出すアイテムとして小さな小鉢やグラスが重宝します。
・バランス
余白を活かした盛り付けをする事で高級感を出すことができます。

葉もの・南天
お正月にぴったりの葉もの・南天

1)長角皿

食卓をモダンで洗練された印象にする事ができる長角皿。その中でも大胆な墨の絵柄が印象的な「墨の瞬(すみのとき)」シリーズを使用したおせちワンプレートをご紹介。

「墨の瞬(すみのとき)」シリーズの長角皿は、一見盛り付けが難しそうに見えますが、墨の絵柄の曲線に沿ってお料理を並べるだけでバランス良く盛り付けられるアイテムです。
長角皿の対角線に流れている墨の絵柄に沿って3種盛り、余白の対角にそれぞれ盛り付けるだけで華やかに。手前を低く、奥に高さを出すと立体感が出て美味しそうに見えます。

バランスを良くするためには、お料理をたくさん盛りすぎないこと。普段より、ほんの少し少なめに盛り、余白を活かすことで、品良くまとまります。

墨の瞬 浄 JYO 26.5cm長角皿 ¥ 9,720

「墨の瞬(すみのとき)」シリーズの長角皿を使ったおせちワンプレート



おせちワンプレート盛り付けのポイント&メニューのアイディア

左)常緑で縁起の良い松の葉には生麩と銀杏を刺して、数の子のわさび漬けのあしらいに。
生麩や銀杏にはあらかじめ楊枝などで穴をあけ、松葉に通します。

中央)汁気のある紅白なますは小さなグラスに、黒豆はゆずをくりぬいたカップに入れて。異素材の器を使えば、盛り付けにリズム感が出ます。

右)可愛い椿の花は、クリームチーズをスモークサーモンで包み、千切りの柚子を雄しべにし、本物の椿の葉を敷いて作った一品。椿の花部分をつくる時は、ラップで茶巾絞りのようにして丸めると手も汚れず簡単です。

数の子のわさび漬けに松の葉に生麩と銀杏を刺した
松の葉には生麩と銀杏を刺して、数の子のわさび漬けのあしらいに
クリームチーズとスモークサーモンで作った可愛い椿の花



いつもの食卓にも…

長角皿は、普段の食卓にもお使いいただけます。特に和食との相性がよいので、様々な食卓のシーンで活躍することでしょう。

2)華やかなリムあり丸皿

リム(フチ)のあるプレートは、リムの余白部分がお料理を引き立たせてくれる効果があります。ワイドなリムプレートは見た目をより華やかにしてくれますよ。

金沢をテーマにデザインされた「金沢コレクション」は、ややワイドなリムで新春のおもてなしに最適な華やかなデザインのシリーズ。
洋食器でありながら、和の雰囲気が感じられる器は、和洋折衷のお料理に良く合います。今回は、洋風おせちのワンプレートをご紹介。

笹の葉を1枚敷き、おせちを円形に5点盛りに。笹の葉を一枚敷くことで、白い余白が気にならなくなるので盛り付けがグッと楽になります。
内径のライン内を目安にお料理を盛り付けます。

金沢コレクション 花てまり Red 27cmプレート ¥ 7,020

「金沢コレクション」シリーズの丸皿を使った洋風おせちワンプレート



おせちワンプレート盛り付けのポイント&メニューのアイディア

左)松の形のかまぼこと、手毬のようなラディッシュは簡単な飾り切りで。松かまぼこは、端を残して切り目を入れ三等分にし、根元に丸め込むだけ。薄めに切ったほうが、丸め込む時に外れにくくなります。ラディッシュは、お鍋や煮物に入れる椎茸の花切りの要領で、V字になるように放射状に切りこみを入れれば、可愛い手毬のようになります。

中央)黒豆のように細かくまとまり辛いものは小さな器に。海老や花形にした蓮根も黒豆の小さな器に立てかけて重ねることで高さが出て、盛り付けがペタッと単調になりません。

右)ちょっとした余白に、小さな水引細工をあしらえば、途端にお正月らしく華やかに。鶴や亀など吉祥紋様の小さな水引細工は、ネット通販などでも手に入ります。

松の形のかまぼこと手毬のようなラディッシュ
海老や花形にした蓮根も黒豆の小さな器に立てかけて
鶴や亀など吉祥紋様の小さな水引細工



いつもの食卓にも…

普段の食卓にもお使いいただけます。ややワイドなリムあり丸皿は、メインのお料理だけでなく、サラダやデザートにもお使いいただけます。

3)リムあり角皿

リムが立ち上がった角皿は、リムが額縁のフレームのようにお料理を美しく見せてくれます。

大きなリムのスクエアトレーは、お料理を引き立ててくれる器です。
対角線に葉らんを敷いて、中央の平らなディッシュ部分にお煮しめを高さが出るように、海老やさやえんどうは立てかけるように盛り付けます。

EXQUISITE 25cmスクエアトレー ¥ 6,318(税込)

35cmレクタングラープレートに3点盛りするだけでおもてなしのプレートに。高低差を出す事を意識し、高さのある小さなグラスや小皿を組み合わせるとぐっと洗練された印象に。
11cmの角皿にまとまりにくい小さなお料理を盛りつけ、高さのでる小さなグラスに汁気のあるメニューを。伊達巻は南天の葉を敷いて立体感が出るよう立てかけるようにして盛り付けます。

EXQUISITE レクタングラプレート&角皿 ¥ 9,342(税込)


関連記事

コシノヒロコ「墨の瞬(すみのとき)」1周年記念『夏のおもてなし』フェア、オープニングトークショーレポート

佐藤紀子氏による「墨の瞬」シリーズのスタイル提案「黒でまとめる、クールなビュッフェスタイルでおもてなし」をご紹介します。

コシノヒロコ「墨の瞬(すみのとき)」1周年記念『夏のおもてなし』フェア、オープニングトークショーレポート【後編】を見る

佐藤紀子氏による「墨の瞬」シリーズのスタイル提案「黒でまとめる、クールなビュッフェスタイルでおもてなし」

金沢コレクション・赤×黒のシックなお正月のコーディネート

FIKA DECO 岩崎葉子氏によるテーブルコーディネート1回目の特集です。

金沢コレクション・赤×黒のシックなお正月のコーディネートを見る

『花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート』のご紹介

花空間プロデューサー・テーブルコーディネーター 内田屋薫子氏、初の著作『花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート』が2017年6月に発売されました。
今回は著書の紹介と合わせ、掲載されている中から「EXQUISITE(エクスクイジット)」を使った素敵なコーディネートのほんの一部をご紹介します。

『花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート』のご紹介を見る

SHARE

RELATED ITEM

関連商品