お知らせ

2016.8.10|お知らせ

ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2016(世界大会)にて、
NIKKOの食器を使っていただきました!

パティスリーLE MUSEE DE Hの藤井幸治さんと製菓学校「SUPER SWEETS SCHOOL 自由が丘校」で講師を務める横田康子さんが、日本チームとして参戦したル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2016。フランスで行われたこの大会は、2008 年から 2 年に 1 度開催されている国別対抗の国際製菓コンクールです。

コンクールでは事前に申請したテーマに基づき 20時間で 7 種類の作品を制作します。日本チームは総合で3位を獲得。その内、NIKKOの「インプレッションズ/アミューズ」シリーズの21cm角皿を使った、アシェット・デセール(皿盛りデザート)部門では1位に輝きました!

1位を獲得したデセール、”真実の愛”(ル・ヴェリターブル・アムール)

日本チームのテーマは“美女と野獣”。デセール(皿盛りデザート)の名前は“真実の愛”(ル・ヴェリターブル・アムール)とし、美女と野獣のキーワードであるバラをあしらったデセールに仕上げました。上には温かいフォンダンショコラ、下のチョコレートの器の中にはグランマルニエを効かせたグラス・バニーユ(アイス)とパッションソースを入れ、間には熱を通さない様にオパリーヌ(薄い飴)を挟んであります。食べる時の楽しさも考えられた作品です。

今回このデセールに使用されたファインボーンチャイナ製のプレートは、デセールと同じスクエア型。気品溢れる純白色が赤の模様や黒のデセールを際立たせています。また、美しさだけでなく、優れた強度を誇るNIKKOの器は、日本とフランス間という遠路の輸送にも関わらず、一枚も割れることなく会場に届けられました。

商品(品番 13300-4407 21cm角皿)を見る

藤井 幸治さん

ル ミュゼ ドゥ アッシュ 辻口博啓美術館 シェフパティシエ

オフィシャルサイト

横田 康子さん

スーパースイーツスクール 自由が丘校 講師

オフィシャルサイト

SHARE