2015.11.06 | NIKKO GUIDE

マレ・ドール

食を楽しむすべての方に、日本の食文化に刺激を与える新たな情報をご案内するNIKKO GUIDE。
今回は、金沢東急ホテル フレンチレストラン「マレ・ドール」をご案内いたします。

感性と技が光る一皿

ファッションビルやデパートなどの大型商業施設が立ち並ぶ金沢の繁華街でありながら、長町武家屋敷跡まで徒歩数分という、城下町の風情と最新のトレンドが合わさった独特の文化を発信している街、香林坊。その中心にあり、昨年大きくリニューアルオープンした金沢東急ホテル フレンチレストラン、マレ・ドール。

落ち着いたインテリアと家庭的な暖かさでお客様をお迎えするマレ・ドールは、フランスの土地を活かした料理“テロワール”をベースに、金沢の地物をアレンジして提供しています。“テロワール”とは生育地の地勢、土壌、気候による特徴の意。これらを無視してはフレンチとはいえない、と語るのは金沢東急ホテルの丸山料理長。 今回特別にご用意いただいたオリジナルメニューは、そんな丸山料理長の感性と技が光る、見るも美しい一皿。

一品目 シーフードのマリネ カラフルサラダ仕立て
二品目 真鯛のエカイヤージュ、エキストラタプナードを詰めた蕪のプレゼ
三品目 骨付き乳飲み仔牛のロースト マスタードとパセリ風味、トリュフが香るポテトのキューブ
(上記三品は特別に考案していただいたメニューのため、注文することはできかねます。ご了承ください。)

インスピレーションが刺激される器

丸山料理長とNIKKOの出会いは、東京渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテルにてその手腕を発揮していた頃。ホテルで使用されていたNIKKO製品の高い品質、料理が映える美しい白を評価していたそう。
「角形の器に曲線を描くように盛り付けたり、丸くソースをかけるなど、器をキャンパスに見立てて盛り付ける。特に、リムのない器だと縁の方まで目一杯ソースを描くことができるので気に入っている。」と語ってくれた丸山料理長は、器からインスピレーションを受けてメニューを考えることもあるといいます。
ディナーのコースでお客様にお渡ししているというメニューリストは、なんと料理長自ら描かれているそう。丁寧で美しいイラストからは、料理長の人柄と緻密な仕事ぶりがうかがえます。
朝、昼、晩とそれぞれ異なる顔を持つ空間づくりを意識しているというマレ・ドール。観光地へのアクセスも抜群。宿泊して三食堪能するもよし、記念日に大切な人と訪れるもよし、丸山料理長こだわりの厳選地元素材を使用した本格フレンチで、ぜひ特別なひとときをお過ごしください。

レストラン「マレ・ドール」

金沢の歴史と最先端がミックスされ、独特の文化を発信する香林坊の中心地にあり、古都の風雅と現代モダンが融合した洗練のおもてなし空間を提供する金沢東急ホテル。フレンチレストラン「マレ・ドール」は、落ち着いたインテリアで個室、バーカウンターを備え、様々なシーンに合わせたサービスをご利用いただけます。
地元の食材をふんだんに取り入れた、料理長渾身の最先端本格フレンチをご堪能ください。

〒920-0961 石川県金沢市香林坊2-1-1 金沢東急ホテル2階
Tel.076-231-3913(直通)

EVERYDAY
朝食7:00〜10:00 / 昼食11:00〜15:00(14:30 L.O)/ 夕食17:00〜22:00(21:30 L.O)
定休日
年中無休
全席終日禁煙

SHARE

マレ・ドール

RELATED ITEM

関連商品