2015.11.06 | NIKKO GUIDE

和風中華 招龍亭

食を楽しむすべての方に、日本の食文化に刺激を与える新たな情報をご案内するNIKKO GUIDE。
今回は、「和風中華 招龍亭」をご案内いたします。

「医食同源」心と体に上質なおもてなしを

福建省の大地を想わせる赤褐色の外壁と風にそよぐ木々。門をくぐると美しい庭園が広がっていて、その先に足を踏み入れると、天上には星々が数多輝めく天の川。すっと異世界に引き込まれるような感覚を覚えるのは、和風中華 招龍亭。

地物の野菜や鮮魚を中心に厳選した食材を使用し、旬を活かしたこだわりの技法で、熟練の料理人が丹精込めて調理する。招龍亭では「医食同源」の教えを大切に、心にも体にもやさしい料理を心がけているといいます。
五郎島金時や金時草、加賀れんこん等の加賀野菜は、仕入先をある程度決めているそう。「上質なほんものを求める金沢の地で、本物の中華料理と和のおもてなしのこころを融合させた、金沢ならではの「和風中華」をお届けしたい。」と女将はいいます。

日常を忘れさせてくれる演出と、こだわりのFINE BONE CHINA

店内には、本場中国から取り寄せたという格式高い家具や装飾品が並びます。螺鈿の装飾が施されたテーブルや椅子は美しく高級感にあふれていて、昼夜行われるという中国伝統楽器の生演奏は日常を忘れさせてくれます。
そんな特別な空間を演出しているひとつに、女将がこだわって揃えたという器たちがあります。九谷焼やギリシャのガラスの器とともに使われているのがNIKKOのFINE BONE CHINAの器。女将がご自宅で使われていて、その白さに惹かれてお店に取り入れたというNIKKOの器は、ほとんどが招龍亭オリジナルの器。こちらでは、調味料入れやお茶や紹興酒のポットまで、すべてNIKKOのFINE BONE CHINAで揃えているそう。「お客様からも、よそと比べるとどうしてこんなに白いの?と聞かれることがあります。ここは器が白くてきれいね、と言われると嬉しい。」と語る女将。
本日は、すべてNIKKOの器が使われているという中華大皿コースの「孔雀コース」をご用意いただきました。

「孔雀コース」
1、季節の前菜盛り合わせ
2、五目の具入りフカヒレスープ
3、海鮮のあっさり塩味炒め
4、蒸し点心二種
5、能登豚のステーキ 都ソース
6、秋鮭のきのこあんかけ
7、豚肉入りさつま芋と南瓜の炒飯
8、季節のデザート

こちらのコースでも地物のこだわり食材がふんだんに使われていて、お味はもちろん、ボリュームも目を見張るものがあります。「海鮮のあっさり塩味炒め」は季節のお野菜がたっぷりで、新鮮でシャキシャキした食感が残ります。どのお料理も丁寧な下ごしらえと味付けで、素材の味が引き立っているのを感じました。
美味に酔い、美酒に酔い、美曲に酔う。食事だけではなく、集う人々の心まで笑顔にしてくれる、招龍亭はそんな上質なおもてなしが行き届いた空間でした。

わふうちゅうか しょうりゅうてい 和風中華 招龍亭

食材の厳選は四季のうつろいを大切に、旬を活かした料理人のこだわりの技法、趣ある器が引き立てる、繊細な盛り付け、
そして、おもてなしのこころをもって供さされる、「懐石風中華」。
より上質なほんものをもとめる金沢で、お食事だけでなく心安らぐ最上のひとときを演出いたします。本物の中国料理と和のこころのおもてなし、 「和」と「中」究極の融合。金沢ならではの「和風中華」をお届けいたします。

人気の「のどぐろ入り海鮮ヒスイラーメン」(来年夏頃まで)や、北陸新幹線開通記念特別メニューの「かがやきフカヒレコース」(好評のため来春まで期間延長)もオススメ。

〒920-0024 石川県金沢市西念3-5-35
Tel. 076-233-1563

EVERYDAY
11:30~14:30(ランチタイム) / 17:00~22:00(21:00 L.O)(ディナータイム)
定休日
水曜日
一階バリアフリー/禁煙(喫煙スペース有り・個室は喫煙可)

SHARE

和風中華  招龍亭