2014.08 | REPORT

SugarLab. 
訪問レポート

マレーシアンエスニックLESSON

予約の取れない料理教室として有名な佐藤紀子氏のSugarLab.(シュガーラボ)を訪問しました。
『マレーシアンエスニックLESSON』ということで、まるでマレーシアにいるかのような本場の香りが漂うレッスンとなりました。
スパイスや香味野菜の扱い方から、素敵な盛り付けのポイントなど情報盛りだくさんなレッスンの様子を、少しだけご紹介i致します。

シャープなカラーコーディネーションで食器の白さが際立つスタイリング。
「器の白さが活きるようにベースは黒で。ナプキンで白をプラスして全体が重くなりすぎないようにしています。」と、カラーリングのポイントを教えていただきました。
ナプキンにつけているカードには手書きのメッセージを書いて、手作りの温かいおもてなし感も演出していました。

【マレーシアの香りをぎゅっと込めた 前菜プレート】
マレーシアの地域の特性や料理の特徴から、独特の調理方法まで短い時間の中で、
ギュッとポイントを教えていただいた後、生徒の皆さんも前菜の盛り付けをしました。
ここでのポイントは、揚げ春巻きのピックの刺し方。
今回の国旗のような可愛いピックのは、しっかり深く差し込むことで子供っぽくならず、
ピックを刺すときはどの角度で刺すか迷わないことが、ポイントとのこと。
ちょっとしたことですが、その迷いが出来栄えに出てくるそうです。

【香りも楽しむ スープのおもてなし】
スープを盛り付けるときのポイントは、具材を真ん中に盛り付けて、
最後にトッピングする具材がスープに沈み込まないようにすると綺麗に盛り付けることができるとのことです。
蓋を開けると、スープに入っている様々なスパイスと香草の香りがふぁっと広がり、
『いい香り…』と思わずの声が漏れました。香りを味わえる、蓋付きの器ならではの楽しみです。

【素敵に盛り付けしやすい 楕円プレート】
楕円のプレートは直線を意識するだけでも、綺麗に盛り付けることができ、おもてなしの初心者にも優しい形状です。
盛り付けに自信が無い方も、楕円のプレートに挑戦してみては。

調理・食材の使い方のポイントやレシピはもちろんのこと、スタイリングから盛り付けテクニックまで、
SugarLab.スタイルが随所に感じられるレッスンでした。
色鮮やかな料理の多いマレーシア料理は、料理の色が映える白い器でおもてなししてみてはいかがでしょうか。

お教室訪問『SugarLab.(シュガーラボ)』ムービーはこちら  https://www.youtube.com/watch?v=-8XOG9ifcEw



■SugarLab. 食卓クリエーター 佐藤 紀子 氏(Noriko Sato)■
大企業のOLから料理業界へ転身、ワインバーのオーナーシェフを経て
2006年夫の駐在に帯同しアメリカ・サンディエゴへ。
現地にておもてなし料理&スタイリング教室SugarLab.(シュガーラボ)を立ち上げる。
現在SugarLab.東京クラスは入会希望者800人を超える、
日本で最も予約の取れない人気料理教室に。
マレーシア・クアラルンプールにもクラスを持ち、日本と行き来し教授している。

佐藤紀子氏 オフィシャルホームページ  http://sugarstyle.jp/

SHARE

RELATED ITEM

関連商品