日本伝統の小紋柄に、江戸の“粋”をプラスした「小紋あそび」

2013.5.11| PRODUCT

江戸のユーモアを楽しむ
マルチな器

日本伝統の小紋柄に、江戸の“粋”をプラスした「小紋あそび」。
江戸小紋の絵柄の中に、ちいさなワンポイントが隠された、遊び心あふれる人気シリーズです。
なかでも人気のアイテムが、蕎麦猪口。
お蕎麦だけでなく、様々なシーンで大活躍する、蕎麦猪口の魅力をご紹介致します。

江戸小紋の絵柄の中に、ちいさなワンポイントをしのばせた、遊び心の器

粋な小紋に、遊び心が かくれんぼ。
日本伝統の柄、江戸小紋。
華美贅沢を禁じられた江戸の人々は、遠くからは無地に見えるような細かい絵柄を生み出し、厳しい規則の下でのお洒落を楽しみました。
「小紋あそび」は、そんな江戸小紋の絵柄の中に、ちいさなワンポイントをしのばせた、遊び心の器です。
例えば、粛々と進む大名行列のなかに、おすまし顔の犬が一匹…。
子供の成長を願う“麻の葉”の上を飛ぶのは、勝ち虫(とんぼ)…。
小紋のなかに隠れている、ちいさな遊び心をお探しください。

カジュアルなお茶の時間に、遊び心のおもてなし。
蕎麦猪口は、ティータイムにも大活躍。湯呑みとして冷茶やほうじ茶に、
カップとしてコーヒーや紅茶にもお使いいただけます。
フタは小皿としてお茶請けを乗せたり、ソーサーや茶托としてもお洒落です。
ちょっとしたおもてなしの ひとときに、小紋に隠れている小さなモチーフを探し出す、“粋”な遊びはいかがでしょうか。

保存容器として、冷蔵庫から そのまま食卓へ。
蕎麦猪口とフタ(小皿)を組み合わせれば、保存容器としてキッチンでも食卓でも重宝します。
重ねても安定感があるので、冷蔵庫のなかでも場所をとらずにすっきり収納できます。
冷蔵庫から取り出し、そのまま小鉢として食卓へ。
電子レンジでの温めなおしができるのも、保存容器として外せないポイントです。




SHARE

RELATED ITEM

関連商品